製造工程

MGM・megumi工房は、独自の釜焚き製法で石鹸を製造する工房です。30年以上の経験を持つベテランの職人が、じっくりと時間をかけて厳選された植物油から釜焚き製法で石鹸を作っています。完成した石鹸は、クリスタルで黄金の輝きをした石鹸になります。美しい仕上がりです。植物油の成分をしっかり石鹸の中に閉じ込めて作り上げていきます。製造には、正確な分量と調整、的確な判断が必要です。石鹸と対話しながら、3日から4日かけて丁寧に製造していきます。

独自の釜焚き製法

必要原料を釜に入れます。

植物オイルから石けんを製造します。今回はたっぷりのオリーブオイルと石鹸にするために必要な原料を釜に投入します。MGM・megumi工房独自の製法で肌に優しい石けんを作り上げていきます。

じっくりと温度コントロールしていきます

カリ石鹸の基本となる植物オイル(オリーブオイル)と原材料を混ぜた状態は、まだクリーム色です。 ここからが時間と温度、様々な成分のコントロールが 必要となる繊細な作業が続きます。
天然由来の成分をしっかりと取り込んで、じっくりと時間をかけて、熱をかけ熟成させていきます。
常にそばで付き添い成分調整していくと、少しずつ透明性が出てきます。温度を上げすぎないように細心の注意をして作っていきます。

 

釜の中の石鹸に透明性がでてきます。

植物オイルの色と同じになってきたら、石鹸の出来上がりの合図です。更にじっくり、まったりと肌に優しい石けんに作り上げていきます。

肌に良い成分をしっかり取り込んだ石けんが出来上がってきました。透明で美しい仕上がりです。

石鹸の優しい香りが 体を包み込んで疲れをいやしてくれます。 とても嬉しい瞬間です。 焚き上げた石鹸シャンプーを一晩ゆっくり寝かせます。温度が落ち着いてからpH(ペーハー) の調整をし、商品として出来上がっていきます 。

肌に優しい石けんの出来上がりです。

石鹸工房では、大地の恵みである植物油(オリーブオイル・アボカドオイル・椿油・米油・えごま油・亜麻仁油など)から独自の釜焚き製法で石鹸を作る工房です。植物油本来の成分をしっかり取り込んで、まったりとした石けんに作っていきます。原料に均一に熱を加えることで、とても柔らかくてリッチな肌に優しい石鹸が出来上がります。

生分解性にも優れ、排水後は約24時間で自然分解されるので、環境にも余計な負担をかけません。人にも環境にも優しい石けんです。

植物油も生きています。オイルの種類や産地、製造年月で様々な反応をします。製造中は、常に製品の出来具合を気にかけ、観察し、チェックして微調整していきます。貴重な植物油から作るのですから油断はできません。出来上がった石鹸は、保湿成分をたっぷり含んだ肌に優しい石鹸になります。

保湿成分が乾燥を防ぐ

オリーブオイルは、オレイン酸を非常に多く含み、良質な石鹸の基本となる大事な油です。石鹸にすると洗い上がりの肌をなめらかに柔らかく仕上げてくれます。

置換鹸化法で作る固形石鹸(化粧石鹸)無添加

原料を全て石けん素地に取り込む釜焚き製法で、製造工程で廃棄物を一切出さない環境にやさしい製法で作っております。

小ロットから製造・岐阜工場 ↑